SIerからの転職先おススメ3選! ITエンジニアは価値を知るべき

ITエンジニアの転職
スポンサーリンク

私は派遣という名目でたくさんのSIerに常駐することが多く、仕事の量も多かったです。

そして年収は全く上がらず、病気になり入院もしました。

入院が切っ掛けで転職活動をはじめたのですが、その時ブラック企業に勤めていたことに初めて気が付いたのです。

SIerで一生働いてもよいですが、IT業界は思っているほど狭くはなく価値を見つけてくれる企業はたくさんあるので、お金や生活が苦しいと感じているのなら転職を考えるも良いと思います。

SIerでの経験を転職先で生かすことができる

出典 : Pixabay

SIer で得ることの出来た知識や技術は転職先でも十分に活かすことができます。

また、意外と気が付いていないですが、SIer で働いたことによって交渉するスキルも身に付いています。

例えば、要件を確認するときにお客さんに無理な注文をされて嫌な気持ちになったことはないでしょうか?

嫌な気持ちで仕事をすると質の悪いシステムが出来上がったり、普段なら気が付くようなミスを見逃したりと悪い結果につながりやすいです。

転職先では元請けや下請けのSIerを相手にする場合に嫌な経験をいかして相手が嫌がるような交渉をしないことをすればお互い幸せな状態で仕事ができ、システムの質が上がります。

SIerから転職をすると年収が上がりやすい

出典 : Pixabay

SIerは目に見える実績を作りやすいので転職のときに年収の交渉がしやすくなります。

年収が上がりやすくなるポイント
  • 大規模なシステム開発を成功させた経験がある
    => 規模の大きなプロジェクトを任してもよいという印象を相手に与えることができる
  • 短納期のシステム開発を成功させた経験がある
    => スピードが重要な案件を任せてもよいという印象を相手に与えることができる
  • チームリーダーを行いプロジェクトを成功させた経験がある
    => 交渉能力や部下を育成する能力があると印象付けられる

SIerからのおススメ転職先1: Web系エンジニア

出典 : Pixabay

SIerからの転職で人気が高いのがWeb系エンジニアです。

サービスを最初から最後まで作成し、運用やメンテナンスも行うのでやりがいがある上、年収も高い傾向にあります。

注意しなくてはいけないのはWeb系エンジニアは常に新しいことに挑戦し続ける必要があるということです。

また、SIerはインフラ担当、アプリケーション担当のように分業を行っていることが多いですが、Web系エンジニアは全ての作業を担当する可能性があるので領域を広げることも重要です。

SIerからのおススメ転職先2: 社内SE

出典: Pixabay

社内SEも人気の高いSIerからの転職先です。

システム導入の要件を決めたり、運用の設計を行ったりと社内のIT管理をするのでSIerでの経験を発揮することができます。

また、社内SEは年収はWeb系エンジニアに劣ってしまいますが、残業が少ないのが特徴です。

ワークライフバランスを考えるのであれば社内SEはおススメの転職先になります。

SIerからのおススメ転職先3: 元請けのSIer

出典 : Pixabay

人気という面ではWeb系エンジニアや社内SEより落ちますが元請けのSIerは今までの得た知識や経験を発揮できる場所です。

元請けのSIerは大企業が多く、工夫をすることで年収を上げることも残業を減らすことも簡単にできます。

また、下請けのSIerに居た人はお客さんとの要件の確認や交渉が直接出来るようになるという新しいことへの挑戦もできるようになります。

転職先に下請けのSIerやSESの企業を選択してはいけない

出典: Pixabay

SIerからの転職先として絶対に選んではいけないのは下請けのSIerやSESの企業です。

下請けのSIerは給料が安く、労働時間も長いためプライベートな時間を取りにくく、病気になる人も多いです。

また、仕事の内容も元請けからの指示に従ったシステムの一部分しか担当できないため、知識や技術を習得することもできません。

中には優良な企業もありますが、数はあまり多くないのでなるべく避けることをおススメします。

SIerからの転職先が選べるのは20代、30代前半まで

出典 :Pixabay

SIerからの転職先が自由に選べるのは20代、30代前半と言われています。

システムエンジニアは早い人だと20代後半くらいからチームリーダーとして活躍するような職業です。

いくら知識や技術があると言っても入った当初は新人と同じ立場からスタートすることになりますので、出世という面では一歩、出遅れてしまいます。

しかし、20代から30代前半までは遅れを取り戻せることを企業も知っているのでポテンシャル重視で積極的に採用を行ってくれます。

SIerからの転職先を見つけるなら転職エージェントを利用

出典 : Pixabay

IT業界にはたくさんの企業があるので転職のときに相性の良い企業を見つけたり、ブラック企業を見つけたりするのが大変です。

転職エージェントを利用すれば、専任のキャリアアドバイザー担当してくれるので、今までの経歴や持っている知識、技術をもとに求人を紹介してくれるのでおススメです。

また、ITに関する転職の状況はその時々で違いますので、常にたくさんの情報を手に入れているキャリアアドバイザーを経由することで適切なアドバイスを受けることができます。

まとめ

SIerとしての仕事に満足的ない人の大半は給与と将来性です。

大手のSIerであれば満足していることが多いですが、中小規模のSIerは常に不安があります。

また、SIerで仕事をしているシステムエンジニアは自分の価値に気が付いていないことがほとんどです。

迷ったらとりあえず、転職エージェントに登録して自分の市場価値を知ることが大切です。

コメント