SIerで働くのに本当にその資格は必要ですか?初心者は要注意!

仕事のやり方/考え方
スポンサーリンク

SIerで働いていると『あの人は○○っていう資格を持っていてすごいな』という話をよく耳にします。

しかし、SIerで仕事をする上でその資格は本当に必要なのでしょうか?

資格があっても知識や技術を仕事にいかせなければ何の意味もありません。

今回はSIerで働くにあたって『資格』との付き合い方についてお話します。

SIerで働くのに資格は不要

出典 : Pixabay

SIerは教員や医者のように特別な資格がなくても仕事を行うことができます。

資格はあくまで知識の証明で持っているからと言って仕事ができるわけではありません。

たまに資格を持っていること自体を評価にする人や企業がありますが、本質的なことを理解していない可能性があるので注意が必要です。

資格は持っていることよりも勉強した内容を把握して、仕事にいかせるかが重要となります。

必要になるまで資格は取らなくてOK

出典 : Pixabay

SIerへ転職や就職に有利になるからという理由でたくさんの資格を取る人がいますが、資格はたくさん持っていればいいというものでもないので無暗に取る必要はありません。

資格を保有していても内容が身に付いていなければ、面接や業務で簡単に見破られてしまいます。

SIerで働いているときに資格が必要になるタイミングは2つです。

SIerで資格が必要になるタイミング
  • 評価点を稼ぐとき
    => 年間の目標に資格を書いた場合は資格を取らないと評価につながらないので取得する必要があります
  • 出世の条件
    => 出世の条件に資格を提示された場合は取得しないと出世できないため取得する必要があります

就職や転職では資格はほとんど意味をなさないので、知識を得るという目的以外で取得するのはおススメしません。

資格はSIerに入ってから取るのがお得

出典 : Pixabay

SIerによっては資格取得後に報奨金が出る場合があります。

報奨金については就業規則に記載があるので、資格名と金額を確認してから受けることをおススメします。

また、『一時金』なのか『資格手当』なのかも重要な項目です。

『一時金』と『資格手当』
  • 一時金 : 資格取得時に1回だけ支払われる、資格の受験料相当がほとんど
  • 資格手当 : 資格を保有していると給料に常に加算される、企業制度によって金額が異なる

資格の中には更新が必要な物もあるので、『資格手当』を受け取り続ける場合は資格の保有状態も把握する必要があります。

インフラ系のSIerで損になりにくい資格

出典 : Pixabay

インフラ系のSIerは資格を重視する傾向があるので、企業の制度で手当がもらえる資格が多くあります。

制度で手当てが出ることを確認した後、業務で知識が必要と感じるのであれば取得をすることで知識とお金を両方とも手に入れることができます。

損になりにくい資格
  • CCNA … Cisco社が提供するネットワークの入門資格
  • MCP … Microsoft社が提供する資格、種類がたくさんあるがServer系の資格がおススメ
  • LinuC … Linuxの資格、Level1が入門資格

SIerで取らなくてはいけない資格の勉強は独学で十分

出典 : Pixabay

SIerで必要になって取得する資格は基本的に独学で十分取得が可能です。

逆にスクールなどに通ってしまうと時間とお金がもったいない場合が多いです。

業務の中で普段から触る技術を教本などで勉強して、正しい知識にすることで取得するのが一番の近道です。

CCNA おススメ教本

CCNAはボリュームのある試験を2つ取得する必要があるので2冊の教本が必要になります。

紹介した教本は図解が多く、Cisco機器を触る上で必要な知識はこの2冊で十分理解できます。

更に深いネットワークの知識を得たいと思ったら以下の記事が役に立ちます。

MCP おススメ教本

MCPは科目数が非常に多い試験です。

インフラ系のSIerで必要になるMicrosoft 製品はサーバーが多いので、まずは紹介した教本の内容を理解した上で次のステップに移ると効率がいいです。

LinuC おススメ教本

LinuCはLinuxサーバーの基本的な操作の仕方やコマンドが理解できているかの試験になります。

LinuCは2つの科目に合格することで認定される資格ですが、紹介した1冊の本で試験範囲全てをカバーすることができます。

SIerから転職するときに資格は有利にはならない

出典 : Pixabay

SIer から転職しようと考えるときに資格を取得してから転職をしようとする人がいますが、逆効果になる場合があります。

私も『資格があれば転職のときに有利になる』と考えていましたが、転職活動をしているときには全く役に立ちませんでした。

もともとの業務に関係ない資格を履歴書に書いてもエピソードにつなげることは難しく、『なんでこの資格を取ったの?』という質問に対して対応ができなくて何度も面接で落とされました。

転職前に慌てて資格を取るよりは、経験を整理して希望先の企業にどのように自分が貢献できるかを考えた方がアピールになることが多いです。

資格がアピールポイントになるかどうかは誰かに相談して決めると、第三者視点の助言がもらえるのでおススメです。

私は相談相手に転職エージェントを利用して資格を前面に出した面接の対応をやめました。

まとめ

資格は基本的な知識を得るには有効な手段です。

しかし、資格を取得することが目的になってしまい、取得後は勉強をまったくしないエンジニアも多いです。

資格はあくまで業務を行う上で最低限の知識を得るくらいの気持ちで取得することをおススメします。

コメント