【初心者向け】ネットワークの知識を独学で身に付ける手法を教えます

仕事のやり方/考え方
スポンサーリンク

ITインフラを構築する上でネットワークの知識は必要です。

しかし、ネットワークの知識を得るために『初めにどんな勉強をすればいいのか?』や『独学でも身に付くのか?』という疑問も多いです。

そこで今回は独学でもネットワークの知識を身に付けるための方法をお話します。

ネットワークの基本的な知識は独学でも身に付く

出典 : Pixabay

ネットワークを勉強するためには専門学校に通ったり、特別なスクールに通ったりする方が効率的に勉強できると考える人がいますが、独学でも十分に成果を得ることができます。

私も情報系の専門学校でネットワークの勉強をしましたが、授業にはほとんど出ずに自習室にこもって勉強をしていました。

専門学校では勉強のやり方を教えてくれるだけで、あとは自力で勉強するというスタイルだったのでやり方さえ知ってしまえば独学でも十分に知識を身に付けることが可能です。

ネットワークはとにかく幅が広い

出典 : Pixabay

ネットワークに興味を持って勉強を始めると幅の広さにおどろいて、挫折してしまう人がいます。

興味を持ったにも関わらず、すぐに諦めてしまうのは大変もったいないのでまずはネットワークを構成する上で重要な機器について知るとよいです。

ネットワークを勉強する上ではじめに知っておくべき機械
  • スイッチ
    => LANを構成するための基本的な機材
  • ルータ
    => インターネットとつなぐための機材
  • ファイヤーウォール
    => インターネットからの攻撃を防ぐ機材

家庭用のブロードバンドルータは上記の製品を一つにまとめた機械で便利ですが、企業のネットワークは役割ごとに専用の機材を用意して構築を行うことになります。

役割を分けることで性能を上げたり、特別な機能を持たせたり、障害のときの被害を最小限にしたいりすることが出来るようになります。

他にもネットワークを構成する機材はたくさんあるので、基本を学んだら幅を広げるて色々な機械に触ってみるとネットワークを楽しく学ぶためのポイントです。

独学する期間は3か月でOK、あとは実践あるのみ

出典 : Pixabay

ネットワークの基本を学習する期間は3か月でOKです。

合計の学習時間は200時間が目標になります。

200時間というと長いように感じるかもしれませんが、3か月で200時間だと1日、2時間から3時間の学習時間を確保すればOKな計算です。

3か月あれば、未経験者でも企業に入って仕事が出来る程度の知識を身に付けることが出来ます。

学習期間を3か月にする理由
  • 長い期間を使っても無駄
    => 長い時間をかけても集中力は持続しない
  • お金がもったいない
    => 長い時間をかけると余計な参考書などを買ってしまうのでお金がもったいない
  • 勉強方法が身に付けばあとは継続できる
    => 勉強するクセを3か月で習得できればあとは自動的に勉強する習慣が身に付きます

ネットワークの技術はドンドン新しいことが出ているので基本的な内容を覚えたら、あとは実践の中で必要な情報を収集していった方が効率が良いです。

ダラダラと勉強を続けていても実践で設計や構築、運用なんかの技術を身に付けないことには意味がありません。

独学を開始する前に学習する時間を作る

出典 : Pixabay

独学をはじめようと思っても『仕事が忙しい』『家に帰ってもやることがある』などの理由をつけて、学習する時間を作ることをしない人がいます。

何かを始めようとするときは、無理やりにでも時間を作らなければ、行動をすることなどできません。

本当に勉強をしたいと考えるのであれば、まずは1日の中でまとまった時間を作ることから始めることです。

勉強をするための時間をつくるためのポイント
  • 残業をしない
    => 本当に大変な時の残業以外は無駄な時間なので日頃から残業をしない努力をします
  • ネットを見る時間を決める
    => Twitterなどを見る時間を少しでもなくせば勉強する時間できます
  • 邪魔の入らない環境を作る
    => 図書館やカフェなど邪魔が入らない環境で勉強することは効果的です

ネットワークの独学を行うときのおススメ本

出典 : Pixabay

ネットワークを勉強するにも何から手を付けていいか分からない人が多いです。

私のおススメは本をベースに知識を吸収していく方法です。

初心者用の本を数冊読むことでネットワークの仕組みについて順序良く学習することができます。

初心者がまず読むべき『3分間ネットワーク基礎講座』

初心者が必ず読むべき1冊と言えば、『3分間ネットワーク基礎講座』です。

たくさんの初心者用の本が出版されていますが、『ネットワークの知識を身に付けたい』という人には必ずおススメしています。

古い本ではありますが、この本の内容を知っているかどうかで、ネットワークの基本が身に付いているかどうかが分かってしまうほど定番の書籍です。

ネットワークの基本ができるのであれば『マスタリングTCP/IP』

初歩の初歩については完璧という人向けの本になります。

TCP/IPはネットワークでは避けては通れないプロトコルで、インターネットで通信がどのように行われているかを解説している本です。

注) プロトコルという言葉が分からなかったでもこれを読めば理解できます。

脱ネットワーク初心者を目指す人はこの本をベースに勉強を進めるとよいです。

尚、『マスタリングTCP/IP』シリーズは、他にも種類があるので注意が必要です。

少し背伸びをしたい人向け『Cisco LANスイッチ教科書』

基本は十分なので機械について勉強したいという方、向けの本です。

実際の設定や確認用のコマンドがたくさん載っているので、私も業務で困るとときどき確認のために使います。

ただし、この本はCisco社という大手のネットワーク機器を作っている会社の製品に特化しているので、少し中級者向けの本になります。

ネットワークを独学するときに参考するサイト

出典 : PIxabay

ネットワークを独学するときに参考にできるサイトはたくさんあります。

情報が乱立していたり、急に難しい単語が多くなるサイトが多いですが、今回おススメするサイトは体系的に情報がまとまっているのでおススメです。

ネットワーク学習用のおススメサイト

ネットワークを独学するときにおススメとなる資格

出典 : Pixabay

独学でネットワークの勉強をすると知識の確認のためや就職で利用できる資格はないかと考えてしまいます。

資格の勉強に特化したやり方はおススメできませんが、知識の確認のために資格試験を受けることはありです。

おススメの資格試験
  • CCNA => ネットワークの資格というとまず上がる試験で3か月の勉強の成果を試すにはちょうど良い内容です
  • 基本情報技術者試験 => ネットワークのパート以外にもIT業界で必要となる知識を広く学べます
  • ネットワークスペシャリスト試験 => 初心者にはおススメできない試験で実践での知識が必要となる試験です

ネットワークを学習するときの大敵、実機の操作を克服

出典 : Pixabay

ネットワークの勉強をしているとどうしても『実機を使った操作』が必要になります。

中古品などで購入することもできたりしますが、金銭的に余裕がない場合はおススメできません。

お金がない人におススメするのが、dCloudというCiscoが提供している環境を利用すれば、時間の制約はありますが、実機のシミュレータを利用することが出来ます。

ネットワークの基本を身に付けたらいざ就職

出典 : Pixabay

3か月でネットワークの基礎を身に付けたら、あとは現場で経験を積んで実績を作ります。

『まだもう少し勉強して実力を付けたい』と思う人もいるかもしれませんが、ITエンジニアは仕事をしながら勉強するのが普通です。

勉強が足りないと感じするのであれば仕事をしながら、勉強を続ければ良いのです。

まとめ

ネットワークの仕事をしていこうと考えるのであれば、日々の勉強は必要ですし、基本の内容は何度も見直すことになります。

長い道のりではありますが、一生懸命頑張ったという経験と身に付けた知識は無駄にはなりませんので、歯を食いしばって勉強することをおススメします。

コメント