IT系の転職エージェントを利用するときの注意点【知らないと損】

ITエンジニアの転職
スポンサーリンク

転職エージェントを利用しても入った企業で後悔する人はたくさんいます。

注意点を知らないで転職エージェントを利用すると思わぬ落とし穴にはまってしまうことがあり、転職先の企業で後悔をすることになります。

今回はIT系の転職エージェントを利用するときの注意点を説明します。

転職エージェントを利用するときの注意点【無知は危険】

出典 : Pixabay

転職エージェントは利用すれば必ず良い求人に出会えるほど万能ではありません。

転職エージェントを利用してもブラック企業に入ってしまうこともあれば、年収が下がってしまうこともあります。

希望の企業に出会うために、転職エージェントを利用するときにも注意しながら転職活動を行うことです。

転職エージェントは万能ではないということを理解する

転職エージェントは、専任のキャリアコンサルタントが就いてくれるので転職活動の助けになってくれます。

しかし、キャリアコンサルタントも人間や機械の不調でミスをすることがあります。

『求人への応募の忘れ』『面接日の調整忘れ』『体調不良で連絡がつかなくなる』と私は転職エージェントを利用しているときにいくつか良い無効にされました。

転職エージェントは良い求人をマッチングしてくれる1つの手段で、時にはミスがあるということを理解して利用する必要があります。

転職エージェントが持っている企業情報は1つの目安でしかない

転職エージェントが持っている企業の情報は直接企業から説明を受けているので、ネットで必死に集めるよりも効率よく正しい内情を知ることができます。

しかし、企業のすべての情報を知っているわけではありません。

チームの人間関係など働き始めないと分からない情報は転職エージェントで知ることはできません。

転職エージェントで持っている情報は、1つの指標として友人や知り合い、ネット上の口コミなど色々な角度で情報を集めることが重要です。

できれば行きたい企業の中で働いている人から情報を貰うことができるとより、正確な情報を元に転職活動が行えます。

大手の転職エージェントだからと言って安心してはいけない

大手の転職エージェントはたくさんの求人を持っていますが、最適な求人を紹介してくれるとは限りません。

求人数が多くなれば選択できる企業も増えますが、外れを引く確率も高くなります。

重要なのはどのような働き方をすれば幸せになれるかという考え方です。

希望の企業にいけないのは論外ですが、間違った企業に入って不幸な働き方を手に入れないことが、転職する上で重要なことです。

IT系独自の転職エージェントの注意点

出典 : Pixabay

IT系の転職は他の業界よりも少し特殊な事情があるので、転職エージェントを利用するときに注意する独特のポイントがあります。

一般的には知られていないこともあるので紹介されていなくて、転職後に気が付いて後悔することもあるので紹介しておきます。

SIerの求人は注意

SIerとは他の企業から発注を受けてITシステムを作る企業のことです。

SIerには元請けと呼ばれる『お客から仕事を依頼される企業』と下請けと呼ばれる『元請け企業から仕事を依頼される企業』の2種類があります。

注意しなくてはいけないのは下請けのSIerは年収が低かったり業務時間が不規則だったりする点です。

また、元請けSIerもお客の言いなりになっていてブラックな体質になっていることがあるので、転職したい企業がSIerの場合は注意する必要があります。

転職エージェントで紹介される企業はSIerが多いので

勤務場所が別の会社になることもある

IT企業には『客先常駐』という仕組みがあります。

自社で開発したシステムをお客に導入して、客先で修正を行ったり、運用をしたりする場合に行う業務体系です。

客先に常駐することになるので、勤務地が自社ではなくなります。

場合によっては業務を初めてすぐに地方転勤をすることになる場合があるので注意が必要です。

勤務場所を固定したい場合は自社勤務の企業を希望すると転職エージェントに伝える必要があります。

求人の年収に惑わされない

転職の目的が年収アップを狙っている人も多いと思いますが、求人の年収だけを見ていて転職をすると後悔をすることになる場合があります。

後悔するパターンは求人の年収が企業の平均年収と同じ場合が多いです。

パッと見ると普通のような気もしますが、後悔するパターンの求人は『年功序列』で給料が上がっていくので、成果をいくら上げても給料が上がらない可能性があります。

転職エージェントは給料の上り方の傾向を把握していることが多いので、『年功序列の給与体系ではないですよね?』と聞いてしまうことで後悔するパターンの求人を回避できます。

転職エージェントには総合型と特化型があることを知っておく

出典 : Pixabay

転職エージェントには統合型と特化型があります。

特徴を把握することで転職エージェントを選ぶときの参考にすることができます。

転職エージェントの特徴を知らないと受けられるアドバイスにも差ができてしまうので、知っておいて損はありません。

総合型の転職エージェントの特徴

総合型の転職エージェントは幅広い業界の転職求人を扱っています。

求人数が多いので選択できる企業が多いという利点があります

また、ベテランのキャリアコンサルタントに出会える可能性も高いので、書類の書き方のアドバイスも受けやすいです。

しかし、IT業界に転職したい人にとっては専門的な知識が足りていないキャリアコンサルタントが担当になる可能性もあります。

統合型の転職エージェントは社内SEや他の業種で自社開発のITサービスを作っている企業に入りたい人向けと言えます。

IT系の専門型転職エージェントの特徴

IT系の専門型転職エージェントでは主にSIerやWeb業界の求人を取り扱っています。

求人数は総合型の転職エージェントに比べるとずっと少なくなりますが、余計な企業がない分、知りたい企業の情報を詳しく知ることができます。

また、IT系の専門型転職エージェントはIT系の業界の情報に多く知っているので、キャリアコンサルタントも専門的な言葉や流行りの技術についても詳しい人が多いです。

技術力の向上を目的にするのであれば、IT系の専門型転職エージェントに登録することをおススメします。

複数の転職エージェントに登録したときの注意点

出典 : Pixabay

複数の転職エージェンに登録することで、色々な角度で企業の情報を知ることができます。

かたよった企業情報では本質が見えないことが多いので、複数の転職エージェントに登録して他の人の意見を知ることは転職活動において重要なこです。

しかし、複数の転職エージェントに登録すると問題が発生することもあるので注意が必要です。

複数の転職エージェントに登録していることを伝える

複数の転職エージェントに登録したことは必ずキャリアコンサルタントに伝えることです。

複数の転職エージェントに登録するとスケジュール管理が大変になり、面接日が重なるということも起きてきます。

複数の転職エージェントに登録していることを伝えないと毎回言い訳を考えることになるので面倒です。

『その日は別の転職エージェントからの紹介の企業の面接があるので』と言って断れる状況を作ることで、面倒なことを1つなくすことができます。

複数の転職エージェントから同じ求人に応募してはいけない

複数の転職エージェントから同じ求人に登録すると一見、選ばれる確率が高くなるように思えますが、実際にはトラブルのもとになるのでやめるべきです。

トラブルを起こすと企業側にも情報は伝わってしまって、悪い印象しか与えないので、最悪内定を取り消されてしまうこともあります。

トラブルに巻き込まれるよりも1つの求人には1つの転職エージェントから応募するというルールを守った方が後悔しなくて済みます。

転職エージェントの闇【知っていれば損をしません】

出典 : Pixabay

転職エージェントも企業である以上、利益を重視します。

利益を重視した結果、相談者を無視した求人の紹介を行ったりすることもある場合があるということを知っておくことでトラブルを回避できることがあります。

経験が少ないキャリアコンサルタントもいます

転職エージェントも企業なので、経験の少ないキャリアコンサルタントがいます。

若手でも優秀なキャリアコンサルタントもいるので相性がいいと思うのであれば、一緒に転職活動を行えばいいですし、都合が悪い場合は交代してもらう交渉をします。

年収の高い求人を進められることもあります

年収が高い求人を成立させると転職エージェントへの報酬も高くなります。

しかし、そのため『年収が高くて辛い職場』を紹介される場合があります。

年収が高い求人ばかり紹介されるようであれば、職場の状況を念入りに調べることです。

掲載されている求人がないこともあります

転職エージェントの中には既に募集が終了している求人を載せている場合があります。

一般的に優良と呼ばれる企業の求人を元に集客を行い、別の求人を紹介するという手法です。

行きたい企業を複数選んでおくことで、集客用の求人が終わっていた場合でも別の求人に応募できるように準備をしておけば選考を進めることが可能です。

転職エージェントの上手な利用方法

出典 : Pixabay

転職エージェントの注意点が分かったところで転職エージェントをうまく使うための手法を紹介します。

注意点を理解した上でうまく利用すれば、転職エージェントは強力なサポートをしてくれます。

主導権を渡さない

転職をする上で一番大事なのは主張をしっかり持つことです。

相性が悪い求人は断ったり、面接を受けて内定を貰ったとしても少しでも印象と違う企業には行かないことです。

入社して後悔するのが分かっている企業に行っても幸せな働き方を手に入れることはできません。

コミュニケーションはマメに行う

転職エージェントとのコミュニケーションは細かく取ることです。

お互いのことを知ることで企業へのアプローチを変えたり、自分では気づかないような理想の求人を紹介されることもあります。

親しくなることでスケジュール管理に余裕を持たせてくれたりもするので、できるだけ悩みや近状をキャリアコンサルタントに伝えることをおススメします。

自己評価は正確に伝える

自己評価は過大も過少もしないで、ウソもいれないでキャリアコンサルタントに伝えることで、身の丈にあった求人を紹介してもらえます。

過大評価やウソをついた状態で入社しても能力以上の仕事を任されたり、最悪体を壊してしまう仕事の量を任されてしまうこともあります。

逆に過少評価での求人では物足りなさを感じてしまうことがあります。

身の丈にあった企業に入れば成長する機会もありますし、ライフワークバランスも整えることができます。

まとめ : 転職エージェントはあくまで補助と考える

転職エージェントは転職活動において補助的な存在です。

不得意なところをカバーしてもらって、理想の転職に近づけるための道具でしかありません。

道具は使う人によって強力にもなれば、役に立たないものにもなってしまうものです。

最後に私のおススメ転職エージェントを知りたい方は以下の記事で紹介しています。

コメント