ITエンジニア向けの転職エージェントおすすめ3選【行動あるのみ】

ITエンジニアの転職
スポンサーリンク

『IT系の転職エージェントってどこがおすすめ?』という人向けの記事になります。

私は2、3年ごとにIT業界で自分がどのくらいの市場価値を持っているかを知るために転職エージェントを利用した転職活動をしていて、内定もそれなりにもらっています。

IT業界に転職するときに無料の転職エージェントを利用しない手はないのでぜひこの記事を参考にしてください。

ITエンジニアにおすすめの転職エージェント3選

出典 : Pixabay

最初にITエンジニアにおすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

どの転職エージェントも5分程度で登録が完了します。

おすすめ転職エージェント3選
リクルートエージェント
=> 業界最大手の転職エージェントで求人数が多いのが特徴
IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT
=> 20代の求人が多いのが特徴の転職エージェント
転職エージェント・ワークポート
=> IT系の求人が多いのが特徴の転職エージェント

実は転職エージェントは、どこを選んでも大きな差はありません。

結局、良い求人に出会えるかどうかが転職成功のカギとなります。

それでも私がこの3つの転職エージェントをおすすめするのには理由があります。

おすすめ転職エージェントがなぜおすすめか?
  • 求人数が多い
    => 希望の企業に出会える確率が高くなる
  • 企業の情報を多く持っている
    => 求人数が多いのでたくさんの企業情報を持っている
  • キャリアコンサルタントの質がいい
    => 相性のよい企業をたくさん紹介してもらえる

ITエンジニアの転職で転職エージェントを使う理由

出典 : Pixabay

転職エージェントを利用する理由は大きく3つあります。

転職エージェントを利用する理由
  • 相性の良い求人を紹介してもらう
    => 希望の転職先企業に出会える可能性が高くなる
  • 面倒な作業を転職エージェントに任せられる
    =>面接の日程調整や企業への書類提出を代行してもらえる
  • アドバイスを貰える
    => 面接での注意点や書類の書き方など悪いところを指摘してもらえる

自信がある人ほど一人で転職活動をしようとしますが、一人の転職活動はなかなかうまくいきません。

私も技術や経験に自信があったので初めの頃は一人で転職活動を行っていましたが、10数社にエントリーして1社も内定を貰うことができませんでした。

悪いところが分からないまま、友人から転職エージェントを紹介してもらい、書類の作り方が悪いことにようやく気が付きました。

転職エージェントを使わないよりは、タダで転職のノウハウを教えてもらった方が無駄が少なくて済みます。

転職エージェントは複数登録すると効果的

出典 : Pixabay

特定の転職エージェントにしか、求人を出さない企業もあるので複数の転職エージェントに登録することでよりよい転職先に出会える可能性が高くなります。

また、転職エージェントにも相性や得意分野があるので、1つの転職エージェントからの意見だけを頼りに転職活動を行うより、色々な意見を取り入れた方が、可能性を広げることができます。

複数の転職エージェントに登録したときにもっとも注意しなくてはいけないのが、同じ求人に応募することです。

同じ求人に応募すると内定が取り消されてしまうこともあるので注意しましょう。

大手企業が最良の転職先ではない

出典 : Pixabay

大手企業は必ずホワイトな企業というわけではありません。

名前が知られている企業でも高い給料と引き換えにたくさんの残業をしなくてはならない企業もありますし、実は給料が低い企業だってあります。

しかし、企業の情報を知るにはWebサイトで情報を知るか人から聞く情報でしか、内部の情報を知ることはできません。

転職エージェントを利用すれば、簡単にでも企業の情報を手に入れることができます。

Webで手に入れた情報をもとに転職エージェントに相談すれば、企業の雰囲気を知ることができます。

後は面接で企業を訪れたときに会社の雰囲気が手に入れた情報とあっていれば、企業の良し悪しを見極めることができます。

転職先は相性で決まる

出典 : Pixabay

転職先は何よりも相性を重視して決めるべきです。

相性が悪いと思ったら、その企業に行っても成功することはありませんし、時間が無駄になります。

相性を確認するポイント
  • 年収
    => もらえる年収、年収の上り方が自分の考えとマッチしているか
  • 仕事量
    => 自分の自由な時間は確保できるか?
  • 仕事の内容
    => 仕事の内容は自分がやりたいことか?

大事なのは企業には自分の意思で行くかどうかです。

内定を貰えた時点で企業からは選ばれていますが、最後にその企業に行くかどうかはしっかりと考えるべきです。

企業の考えに100%マッチすることはないですが、せめて80%は考え方がマッチした企業に入らないと後悔することが多いです。

IT業界に転職する前に知っておくべきこと

出典 : Pixabay

私は社会人になってから、IT業界でずっと仕事をしています。

会社員の心構えのようなものも含まれますが、IT業界で仕事をする上で知っておくべきことを紹介しておきます。

会社は利用して利用される関係

悪い言い方をしてしまうと会社にとって個人はただの歯車です。

一人くらい居なくなったところで修正することはできますし、どれだけ優秀な人材でも不要になれば簡単に切り捨てられてしまいます。

『会社に守られて仕事をしている』という価値観は捨てて、『会社を利用してお金を貰っている』くらいの考えでいた方が、最悪の場合を想定することができます。

未経験者は会社に入ってからが厳しいということを知っておく

IT業界で『未経験者歓迎』のような求人を見かけますが、未経験者は会社に入ってからが大変です。

技術を身に付ける勉強はもちろん、仕事のやり方もIT業界は独特のところがあるので、覚える必要があります。

しかもIT業界の人は教えるという文化がないので、自分で色々なことを学ばなくてはなりません。

自由な時間は自分で作る

IT業界はブラックだと言われますが、半分は個人の問題です。

IT業界の仕事は効率よく行わないと溜まっていく一方ですし、嫌な仕事を押し付けられたりします。

社畜と呼ばれる人にならないためには効率よく仕事を行って自由な時間を手に入れることが重要です。

まとめ : 転職は頭で考えるよりも行動が先

『会社をやめたいな』と考えたら、まずは転職エージェントに登録をすることです。

会社を辞めるでも構いませんが、転職エージェントに登録するのは会社を辞めるよりも少ない時間とリスクでできます。

退職願いを書くのには少なくても30分は掛かりますが、転職エージェントは3つ登録しても15分です。

収入が0の状態で冷静に転職活動ができるかというと微妙です。

仕事をしながらの転職活動は確かに大変ですが、幸せで豊かな生活を手に入れるためと考えれば、多少のキツさは我慢できます。

何よりもダメなことは現状を変えたいなと思っているだけで何の行動も起こさないことです。

まずは転職エージェントに登録して、気になる企業に応募してみましょう。

おすすめ転職エージェント
リクルートエージェント
=> 業界最大手の転職エージェントで求人数が多いのが特徴
IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT
=> 20代の求人が多いのが特徴の転職エージェント
転職エージェント・ワークポート
=> IT系の求人が多いのが特徴の転職エージェント

コメント