社内SEの転職で面接で落とされる【足りないのは心構えと視点】

ITエンジニアの転職
スポンサーリンク

今回は『社内SEを目指しているけどなかなか面接が突破できない』という方の疑問にお答えします。

社内SEは採用されることが難しい職種です。

『社内SEを目指しているけど面接で落とされる』という話はよく聞きます。

私も社内SEを目指してたくさんの企業を受けましたが、面接でたくさんの企業からお断りをいただいたものです。

初めは『採用人数が少ないこと』や『能力が不足している』ことが問題だと考えていました。

しかし、採用側の話を聞くと『書類では能力は足りているんだよ』と後になって聞くことができました。

どうやら、IT業界を経験している人は採用したいのだが、面接の対応で採用基準に満たなくなることが多いとのことです。

問題は社内SEとしての働くための心構えや視点が足りていないとのことでした。

本記事では社内SEの面接で必要な心構えや視点についてお話をします。

尚、本記事は自己分析ができている人向けにお話ししますので、自己分析については以下の記事をご確認ください。

社内SEの転職面接で検討違いな回答をしている可能性

出典 : Pixabay

社内SEを普通のSE(システムエンジニア)と思って転職活動をしていると面接で大体、落とされます。

社内SEはシステムを構築を専門とするSIerやサービスを提供するWeb系のSEと違い、特定の業務に特化したシステム構築をしなくてはなりません。

業務システムは業務の内容を理解していないと最適に構築することができませんし、間違った選択をすると使えないシステムを導入して仕事を妨害してしまうことになってしまいます。

社内SEの面接に臨む場合は、企業の業務でどんな課題や悩みがあるのか、どのように解決できるかを想像して受け答えの準備をすることです。

大前提、転職の理由はポジティブに!

出典 : Pixabay

『今の職場では給料も低く』や『やりたいことができず』などの不満を正直に話し続けると相手には良くない印象を与えてしまいます。

印象が悪くなると『不平不満ばかりを言うからすぐに辞めそう』と思われてしまうことも多いのです。

今の会社への不満はなるべく少なくし、『挑戦したいこと』や『やりたいこと』への熱意を伝える努力をした方が相手の印象もよくなるので採用される可能性が高くなります。

社内SEはエンジニアと経営、両方の視点が必要

出典 : Pixabay

社内SEはITの知識だけ使って業務を行うだけではありません。

経営的な視点から何をすると『業績が上がる』、『業務が効率化される』という考え方を持つ必要があります。

経営的な視点の持ち方
  • 毎月の勤怠処理を2日から半日に減らす
    => 人件費が削減できて、人を雇わなくて済む
  • 紙での清算をすべて電子化する
    => 印刷代が0円にでき、情報の消失も少なくなる

面接の準備で大事なことは、具体的な数字で効果を発言できるようにすることです。

経営的な視点を持っている社内SEは数字があると興味を持ちやすいので、具体的な数値をできるだけ回答できるように準備できることがベストです。

技術面の話は簡潔に!社内SEの面接官は意外にIT能力が低い

出典 :Pixabay

IT技術者の悪いクセですが、技術的な話を長々としてしまう傾向があります。

しかし、社内SEの面接をする人は経営層やマネジメント層の方が多く、詳細な技術には興味がないことがあります。

経営者やマネジメント層はITを使って業務を効率化できればいいと考える人が多いです。

技術の詳細を話すのではなく『私が知っている技術を使えばこんなことが実現可能です』というアピールの方が効果的です。

可能であれば『運用の自動化』や『働き方改革』など流行している言葉を合わせて回答することで相手の興味を引くことができます。

コスト意識が重要!社内SEはお金を使う人

出典 : Pixabay

社内SEが所属する部門はITシステムを導入して『業績を上げる』、『業務の効率を上げる』手伝いをする部門です。

ITシステムを導入するためにはどうしても費用が必要なので、企業全体で稼いだお金を使うことになります。

使わないシステムや導入したことで仕事の邪魔になるような仕組みを導入し続けると社内からは不要な部門として認識されてしまいます。

ITシステムを導入するときは、『安くて必要なシステムを購入する』ことが基本なので面接のときにこの意識がないことを見抜かれると採用されることはありません。

SIerからの転職なら強みをいかした社内SEになれる

出典 : Pixabay

社内SEがシステムを購入する側だとすれば、SIerはシステムを売る側になります。

SIer出身者であればどの部分が値切れるポイントかを知っているので、『安くシステムを導入したい』と考えている経営者からすれば欲しい人材なのは間違いありません。

しかし、SIer出身者は技術のことを考えている人が多いので、売る側の気持ちを考えられることをアピールする人は少ないです。

SIer出身であれば売る側の気持ちが分かることを積極的にアピールすることをおススメします。

社内SEの転職面接で落とされ続けるなら転職エージェントに相談

出典 : Pixabay

書類選考は通過できるのに面接で採用されない場合は面接の対策が根本的に足りていない場合があります。

強みや弱み、アピールできるポイントなどを客観的な目線で見れていない可能性があるので、誰かに確認してもらうことで改善する可能性があります。

1人で転職活動をしていたり、1つ転職エージェントに相談しているため、偏った視点で面接対策を行っている場合に起きやすい現象です。

転職エージェントを利用したことのない人は以下の記事を見て、一度相談することをおススメします。

まとめ

社内SEのサービス提供先は企業内だけとIT業界でも少し特殊です。

考え方や視点を変えることで面接を通過する可能性が高くなるので、社内SEの転職活動で行き詰っているのであれば、本記事の内容を実践してみてください。

コメント