動的ストレッチを覚えて運動する『クセ』をつくる

健康
スポンサーリンク

おはようございます!

こんちには!

こんばんは!

管理人のネヌファ(nenuphar00)です。

みなさんは普段、運動をされていますでしょうか?

二の腕や太もも、お腹周りのお肉が気になっていないでしょうか?

気になった先で急に無理な運動をして体を痛めたりしていないでしょうか?

普段から運動をしていない人が急に運動を始めると思わぬ怪我をしてしまうことがあります。

そこで運動不足の方にまずおすすめしたいのが『動的ストレッチ』です。

動的ストレッチを普段から取り入れることでケガをしにくい体をつくり、運動する「クセ」をつけましょう。

筋トレなどのハードなトレーニングは動的ストレッチだけでは物足りなくなったら始めるとより効果的になります。

なにより動的ストレッチはそれだけで脂肪の燃焼効果があります。

動的ストレッチ入門

みなさまもご存じかもしれませんが、ストレッチは体の筋肉を伸ばして柔らかくし、ケガをしないようにするために実施するものです。

しかし、間違ったストレッチはケガにつながってしまいます。

まずは、『動的ストレッチ』と動的ストレッチとは反対の『静的ストレッチ』についてご説明します。

運動前にやるなら動的ストレッチ

動的ストレッチは手足を動かして筋肉を柔らかくする運動です。

有名な方法はラジオ体操です。

体を適度に動かして、筋肉を温めながらやわらかくして眠っている体を起こすために行います。

動的ストレッチは準備運動に適した運動です。

体が温まった状態で実施してしまうと体が「まだまだ運動するぞー」という状態を保ってしまいますので、寝る前とかに実施するとなかなか寝付けなくなってしまいますので注意が必要です。

静的ストレッチとは?

皆さんが『ストレッチ』と聞いて最初に思い浮かべるのはこちらだと思います。

開脚や前屈に代表されるのが『静的ストレッチ』になります。

体を伸ばしたまま、20秒ほど同じ姿勢をキープした後、リラックスする。

少し時間を置いたら、また、20秒ほど同じ姿勢をとってキープ、その後、リラックスする。

といった具合に体を静止した状態で行うストレッチです。

静的ストレッチは整理運動ふろ上がりなど体が温まった状態で実施するのに適しており、体が温まっていない状態でやると実は効果が出ないばかりか、ケガの元になってしまうこともあるので注意してください。

(このことを知らなかった頃の私はよく静的ストレッチで何度か足をつったりしていました。。。)

動的ストレッチの効果

動的ストレッチは準備運動だけでなく様々な効果があります。

動的ストレッチ効果
  • 血流がよくなり、脂肪が燃えやすくなる。
  • 集中力が高くなる。
  • 体の可動域が広がり、ケガをしにくくなる。

血流がよくなり、脂肪が燃えやすくなる

動的ストレッチを続けると血流がよくなっていきます。

血流がよくなると体がエネルギーを消費しやすくなっていくので、脂肪を消費しやすく、また溜めにくい体になっていきます。

ダイエットを始めるならまず、『動的ストレッチ』で脂肪を燃焼しやすい状態を作ってから始めた方が効果的です。

集中力が高くなる

血流がよくなる効果の二つ目に集中力の向上があります。

脳に十分な栄養が行きわたることで、思考が安定し、長時間デスクの前に居ても疲れることが少なくなります。

また、集中力が切れた時も動的ストレッチで血流をよくすれば、また高い集中力で作業を再開することができます。

体の可動域が広がり、ケガをしにくくなる

動的ストレッチは継続してやることで体が柔らかくなっていきます。

体が柔らかくなると少しくらい無理な姿勢をとっても関節が痛いと思うことが少なくなります。

痛みを感じないということは体が「それは体にとって安全」と言っているので、ケガにつながることがありません

おすすめ動的ストレッチ

おすすめの簡単に出来る動的ストレッチを紹介します。

※ 回数は目安です。無理をせず出来る範囲で行ってください。

肩回し

肩の血流がよくなり、肩こり二の腕の脂肪燃焼に効果があります。

  1. 水泳のバタフライをするように肩を大きく回してください。こちらを10回実施します。
  2. 今度はバタフライとは反対に後方に肩を大きく回してください。こちらも10回実施します。
  3. 1と2を交互に3セット実施します。

腰回し

腰と太ももの血流がよくなり、腰痛の改善お腹まわり/太ももの脂肪燃焼に効果があります。

  1. 腰を八の字を描くように10回、出来るだけ大きく腰を回してください。
  2. 今度は八の字を逆に描くように10回、出来るだけ大きく回してください。
  3. 1と2を交互に3セット実施します

つま先タッチ

足の血流がよくなり、むくみの解消太ももの脂肪燃焼に効果があります

  1. 右手を前方に突き出し、右足を蹴り上げてつま先で手をタッチします。
  2. 左手を前方に突き出し、左足を蹴り上げてつま先で手をタッチします。
  3. 1と2を交互に30回ずつ実施します。

まとめ

本日紹介した『動的ストレッチ』は「ダンベル何キロ持てる?」で紹介されていたのを見て実際に実践しているものを記事にしました。

動的ストレッチは無理なく続けられる運動です。

動的ストレッチだけで満足できなくなったら、次の段階例えば、パーソナルトレーニングなどに進めばよいと思います。

食事制限をしてダイエットを行うものよいですが、日ごろから運動を取り入れた体系維持が健康的かと思います


遂に到来!肉も魚も食べるダイエット/ライザップ

RIZAP WOMANで、理想のボディラインにコミットする。

コメント