漫画の飯がうまそうに見えるのはなぜ?小技に使える知識も教えます

ライフ
スポンサーリンク

漫画で紹介されるご飯を一度は食べてみたいと思った人も多いと思います。

漫画に出てくる食事は魅力的でキャラクターが美味しそうに食べているのを見るとうらやましく思えてしまうものです。

漫画に出てくるご飯は実際の生活でも少しだけ役に立つことがあるのでご紹介します。

漫画の飯はうまそうに見える

出典 : Pixabay

漫画に登場するご飯はどれもおいしそうに見えます。

理由は『実際には食べられれない物』という点にあります。

食べられないからこそ、表現から匂いや音を連想し、キャラクターのセリフから味を想像するからです。

感性が豊な人ほど想像力が強く、実際に食べられないからこそ『こういう味だったらいい』と自分の好みの味を思考の中で楽しむことができます。

実際の食事でも見た目が良い物は食べ始めるまでは美味しそうに感じます。

しかし、口に入れた瞬間に『思った味と違う』とがっかりしてしまうこともあるでしょう。

漫画の場合は『自分の好みの味』を勝手に思い込むのでがっかりすることもありません。

漫画のご飯がうまそうに見えるポイント
  • 香りや音がない
    => 想像力で補完するので自分の都合の良いとらえ方ができる
  • 食感や味がない
    => 自分の好みの味を想像し、実際には食べられないのでがっかりすることがない

実在するうまそうな漫画の飯は食べに行きたくなる

出典 : Pixabay

最近は実際にあるお店を舞台にする食べ歩きの漫画が増えてきています。

漫画家が自分の足で店を訪れて食べて美味しいと感じたからこそ、漫画のネタとして美味しそうな表現ができるのです。

テレビでグルメレポートをする番組がありますが、映像は料理をありのまま映し出してしまいます。

『映像』の料理は想像の中でおいしさがあまり膨らみません。

漫画は『絵』で料理を表現するので『本物よりも劣化している』という意識が芽生え、想像の中でたくさんの補正が掛かるので美味しそうに見えます。

また、都心以外の店も漫画ではよく紹介されるので旅行などで訪れたときに突然、食べたくなる場合があります。

うまそうな漫画飯は食べ方をマネしたくなる

出典 : Pixabay

漫画のキャラクターは上品に食べるばかりではなく、ときには下品な食べ方もします。

例えば、ふぐ刺しは高くて一度にたくさん食べるなんか怖くて私にはできませんでした。

しかし、漫画のキャラクターははしにでつかめるだけつかんだ状態で口いっぱいに頬張ったりします。

幸せな顔でおいしそうなコメントをされると『一度はやってみたい』と思いお金を溜めて実践したくなってしまいます。

実際、私はふぐ刺しの一気食いをやってみたことがありますが、口いっぱいに甘みが広がって一枚一枚食べていたときよりも更においしく感じました。

うまそうな漫画飯は自宅でもできるものが多い

出典 : Pixabay

漫画に登場してくるご飯でおいしそうに見えるのは何もお店の料理だけではありません。

キャラクターが家で作る料理だっておいしそうに見える物はたくさんあります。

そしてキャラクターが家で作る料理は『自分でもできそう』と思えるほど簡単にできる物が多いです。

少し手の込んだものでもキャラクターが解説を入れてくれるので『もしかしたら自分でできるかも』と思わせてくれます。

実際、私は漫画で見た料理を作って一人暮らしでもできる料理のレパートリーを増やしました。

漫画の飯は道具にもこだわっている

出典 :Pixabay

調理器具にもこだわった漫画もたくさんあります。

料理漫画だと珍しくて一般家庭では使わない調理器具も多いですが、日常系の漫画に出てくる調理器具は専門的でありながら、手ごろな値段で買える物もあります。

私は面白半分で『エッグカッター』や『ちょっとおしゃれなホットプレート』なんかを買ってしまったことがあります。

実際、今でも使いますし、知らない人が見ると「なにそれ?」と話題作りにもなります。

意外なことにうまそうな漫画飯は仕事でもつかえる

出典 : Pixabay

漫画のご飯は意外にも仕事で役立つことがあります。

急に飲み会の幹事を任された時でも『そういえば前に読んだ漫画に出てきたお店おいしそうだったな』と店を選ぶときに候補に上げることができます。

上司に『どこか面白い店を探しておいて』と無理な要求をされた際にも漫画で紹介されたちょっと変わった店に連れて行って面倒ごとをのりきった経験があります。

他にも漫画で紹介されたお菓子が気になって作ってみたものはいい物のたくさん作り過ぎて会社で配って一瞬だけモテ期が訪れたなんてこともありました。

うまそうな飯が出る漫画 : 外食編

私が一人で外食をする場合や少し変わった店を知りたいときに役に立った漫画です。

外食するときに『どこに行くといいか分からない』ときとかに参考にできます。

漫画家接待ごはん

東京と博多の料理を紹介してくれる漫画です。

私は出張で博多に行くことが何年か1度あるのでこの漫画を参考にしています。

東京編でも博多編でも少し穴場的なお店が紹介されています。

ラーメン大好き小泉さん

ただただ、ラーメンを食べる女子高生の小泉さんを見る漫画です。

王道のラーメンから変わり種ラーメンまで誰にでも紹介できるラーメンを教えてくれます。

いつの間にかラーメンに関するうんちくも覚えていたりします。

ちょっと高級な感じで行くならお寿司を食べる漫画がおすすめです。

居酒屋や焼き肉なんかに少し飽きたらたまにはちょっと贅沢をしてお寿司もおススメです。

うまそうな飯が出る漫画 : お家編

お家ご飯は自分で挑戦できたり、家族と一緒にできるものが最大の魅力です。

ちょっと変わった調理器具が出てきたりするとテンションが上がったりもします。

新米姉妹のふたりごはん

親の再婚で知り合った二人が料理を通じて絆を深めていく物語です。

ちょっと変わった調理道具やお家でできる手間のかかる料理も紹介されています。

甘々と稲妻

父親と娘が父親の教え子と共に料理を作りながら、絆を深めていく物語です。

最初は簡単な料理から始まり、ときどきちょっと難しい料理に挑戦したりともしかしたら置き得る物語です。

くーねるまるた

ポルトガルから留学してきた食べるのが大好きな主人公が日々の食生活を紹介する漫画です。

日本料理が多いですが、ポルトガルの料理も紹介されているので見ていたら作ってしまいたくなります。

うまそうな飯が出る漫画 : 異世界編

実際には食べれない料理がたくさん出てくる異世界で料理を作る漫画も最近は多いです。

『想像でしか』食べれませんが、アレンジで近いものを作るのも面白いです。

とんでもスキルで異世界放浪メシ

突然、異世界に召喚された主人公がスキルを使って異世界の魔物をドンドン料理していく物語です。

相棒のフェンリルとスライムがなんでもおいしく食べる様子は現実ではまず見られない光景です。

幻想グルメ

主人とメイドが異世界でおいしいものを食べながら経済を回すために事業の手伝いをする物語です。

美味しいものばかりではなく、たまに外れを引いてしまうのが現実味があります。

異世界チートサバイバル飯

異世界に突然飛ばされてしまった主人公が持ち前のサバイバル術を使って食材を調理していく物語です。

ちょっとしたサバイバル術も紹介されているので知っているとキャンプなどで役に立ちます。

コメント