上司ガチャの当たりはずれに左右されない働き方を手に入れる方法!

仕事のやり方/考え方
スポンサーリンク

『上司ガチャに外れて仕事が辛いです』とネットの口コミを見て、初めて『確かに上司はガチャみたいなものだな』と思いました。

社会人をそれなりに経験しているので色々な上司に出会っています。

ダメ上司とも出会いましたが、『上司に左右されない働き方』を見つけてからは上司によって仕事が辛くなることはなくなりました。

上司ガチャで消耗している人はこの記事を読んで『上司に左右されない働き方』を手に入れてください。

【悲報】会社員は上司を選ぶことはできません

出典 : Pixabay

残念なことですが会社員は上司を選ぶことができません。

いくら努力して実績を積んでも『あの人の部下になりたいです』と声を上げたとしても希望が叶うかどうかは人事の権利を持った人次第で上司は決まります。

裏技で人事の権利を持った人と仲良くなるという方法もありますが、お金を使って飲みに誘ったり、ゴマすりをしなくてはいけないのでそれはそれで消耗することになります。

上司ガチャは会社員として働くなら避けては通れない道と初めからガチャの内容を気にせず、自分が幸せになれる仕事のやり方を見つけることが大切です。

上司ガチャの当たり/外れに左右されると消耗します

出典 : Pixabay

上司ガチャには当たりもあれば外れもあります。

当たりを引いた人は気分よく仕事ができると思いますが、外れた人でも気分よく仕事をすることは可能です。

上司ガチャに合わせて仕事をできるようになれば、消耗をしなくて済みます。

マネジメントができない上司を引いてしまったときの対応

上司ガチャで外れの代表と言えば、マネジメントができない上司です。

マネジメントができない上司の特徴
  • 目標を決められない
    => チームが達成するための目標が決められずチームが会社に評価されない
  • 目標に対しての手段があいまい
    => 目標を作れても達成するための手段を設けられないのでチームが会社に評価されない
  • スケジュール管理ができない
    => 部下のスケジュールを把握していなく、仕事の配分に偏りができてしまう

マネジメントができない上司を引いてしまった場合の対応はズバリ、『チームでの活躍を捨てて、個人で活躍する』ことです。

マネジメントができない上司の配下にいる時点で、チームとして会社に貢献して評価されることはありません。

ならば、個人として会社に貢献して自分の評価を上げてしまうのが一番です。

個人で評価を上げるポイント
  • 別の部署の仕事を手伝う
    => チームという枠にとらわれず、できる仕事を行うことで会社からの評価が上がります
  • 上司より権限の上の人から仕事をもらう
    => 上司より権限の上の人から仕事をもらえるとチームの枠を飛び越えた評価につながります

個人で会社に貢献するときのポイントは『自分の行動を自分でマネジメントする』ことです。

上司がマネジメントができないのであれば、自分のマネジメントを自分自身で行ってしまえば上司が誰になっても気にする必要はありません。

パワハラ/セクハラ上司を引いてしまったときの対応

パワハラ/セクハラ上司を引いてしまったときは問答無用で上司より権力を持つ人や人事部などに相談することです。

パワハラやセクハラ問題に対しては会社も慎重になっているので、相談があればすぐに何らかの対応をしてくれます。

ただし、パワハラやセクハラの相談は『嫌だ』という気持ちを相手に伝えても相手に改善する様子が見られないときに使うことです。

『嫌だ』という気持ちを伝えない状態で『パワハラだ』、『セクハラだ』と言っても取り扱ってくれない会社も多いので注意しましょう。

パワハラ、セクハラと受けていると思ったら、まずは相手に『××をやめてもらっていいですか?』と嫌だなと思う気持ちを伝えることが重要です。

文句しか言わない上司を引いてしまったときの対応

私の周りに多かったのが、文句しか言わない上司です。

相手の意見を否定することが生きがいなのか、上司以外の全員が良いと思った提案にも文句や否定の意見を言ってくる人がいました。

文句しか言わない上司の対応は一つだけです。

『これ以上のご意見をお願いします』と一言上司に突きつけることです。

文句しか言わない上司は自分の意見を持っていないことが多いので、この一言で黙らせることができます。

逆に否定された意見以上の回答が出てくるのであれば、その意見を参考に別のプランを作れば、仕事の成功につながります。

文句しか言わない上司でも使い方によっては、仕事に役に立てられます。

【油断大敵】上司ガチャで当たりを引いても環境で人は変わる

出典 : Pixabay

優秀な人と知っている人が昇進して上司になることがあります。

この時は上司ガチャで当たりを引いたと思いますが、人は環境によって変化することがあるので注意が必要です。

チームの人間関係に合わせる上司もいますし、マネジメント業務を任されることで変わる上司もいます。

重要なのはその人が上司として優秀かどうかです。

今まで優秀だった人が上司になって変わってしまったと思ったときは、『○○さんらしくないですよ』と一言声を掛けると元の優秀な人に戻ることがあるので実践してみてください。

上司ガチャで大外れを引いたと思ったら状況を変える行動をする

出典 : Pixabay

上司ガチャで外れを引いて仕事にならないような状況になってしまったら、迷わず行動を起こすべきです。

外れ上司があまりにもひどすぎると体を壊したり、仕事ができない状況にもなってしまいます。

上司より権力のある人に相談してみる

まずは上司より権力のある人に相談するのが効果的です。

課長なら部長に相談すれば、チームの問題に対して迅速な行動をしてくれることが多いです。

注意しなくてはいけないのは、部長の思想を課長が体現していてチームが悪い状態になっている場合は効果がありません。

上司ガチャの問題がチームの問題なのか、部門の問題なのかを見極める必要があります。

人事部門に相談してみる

部門全体の上司が全員外れ上司の場合は人事部門に相談をしましょう。

会社が大きくなると人事部門もすべての部門が正常な状況で仕事をしているかを把握することができないので、相談がないと動いてはくれません。

人事部門も外れ上司は会社にとって悪いものと認識していることが多いので早めに対応をしてくれます。

注意としては、人事部門に相談をする際どうすれば状況が改善するかという考えを持ってから相談することをおススメします。

実際の状況が分からない人事部門は具体的な行動を話さないと行動をしてくれないことがあるので、『部門を移動したい』や『役員に状況を伝えてほしい』など具体的な方法を伝えられるようにすることです。

転職してみる

最終手段は、会社を辞めて転職することです。

私が所属していた会社は会社の考え方が悪い状況でダメな上司がたくさんいました。

会社の体質がダメ上司を作っているのであれば、何度、上司ガチャを引き直ししても幸せになることはないのでさっさと転職してしまいましょう。

上司ガチャで外れを引いたな、と思った人に読んで欲しい本

出典 : Pixabay

上司ガチャで外れを引いても仕事は続けないといけない場合があります。

外れ上司と付き合うことを選択した場合は仕事のやり方や考え方を工夫する必要があります。

私は今まで何度も上司が変わり、大変な思いをしました。

しかし、これらの本に出合うことで、上司との付き合い方が変わり、上司ガチャに左右されて消耗することがなくなりました。

まんがでわかる 頭に来てもアホとは戦うな!

できれば最初の会社に入った時に出会いたかった本です。

最初の上司は本当に『アホ』でそれでも頑張って戦っていました。

転職後にこの本と出合ったことでたくさんの部門を渡り歩いても『自分が何のために仕事をしているか』を見失うことなく、今は幸せに仕事ができています。

頭に来てもアホとは戦うな!

マンガ版よりも詳細にダメ上司との付き合い方が書いてあります。

マンガ版でも十分な内容ですが、より幸せな仕事をするためにこの本を読んで行動を起こすことをおススメします。

バカとつきあうな

最初に紹介した2つと違う切り口でダメ上司と付き合い方を考えさせられます。

アホとバカと付き合わなくなれば、割と自由に仕事ができます。

まとめ : 上司ガチャに外れても自分のために働くことが大切

上司ガチャの当たり外れがあるのはどうしようもないので、会社員として働くのであれば受け入れることです。

フリーランスとして働く場合も顧客ガチャなどがあるので、割と会社員と変わりません。

重要なのはガチャの内容に合わせて仕事をすることです。

時には仕事を拒否するという選択を持って行動すれば、幸せに仕事をすることができます。

コメント